亀頭増大と勃起不全

亀頭増大はED治療に繋がる

亀頭増大することは単なるペニスのサイズアップだけではなく、その他の下半身のコンプレックス改善にも繋がります。
その1つに【ED(勃起不全)の改善】があります。

EDに悩む男性の数は少なくありません。
EDとは男性器が勃起しなくなる、あるいは勃起しにくくなる状態のことで、直接的に性行為に支障をきたす症状として知られています。
そのため、多くの人が色々な方法で治療に励んでおり、亀頭増大もその治療法の一環として扱われることがあります。

勃起不全は原因によって、

  • 器質性ED(血管や神経の障害が原因)
  • 心因性ED(ストレスやコンプレックスが原因)
  • 混合型ED(器質性ED+心因性EDが原因)
  • 薬剤性ED(特定の薬剤の服用が原因)

と4種類に分類することができます。
中でも「器質性ED」と「心因性ED」に悩んでいる人は多く、EDに悩んでいる人の8割以上がこの器質性EDと心因性EDが原因です。
実は亀頭増大によるED治療はこの2つ共に有効な手段です。

亀頭増大することによるメリット

器質性EDの原因は血管や神経の障害で、動脈硬化が最も代表的な原因です。
動脈硬化になってしまうと、血管が十分に広がらないため血流が悪くなり、結果として海綿体全体へ十分な血液が流れ込まないためEDが起きやすくなります。
また、高血圧、高脂血、高血糖、糖尿病などの生活習慣病や現代病でも血のめぐりが悪くなりEDを引き起こすことが考えられます。

この状態は亀頭増大系精力剤を服用することで治すことができます。
なぜなら亀頭増大系精力剤は往々にして血管拡張作用や血流改善作用があるものが多く、それが器質性EDの原因たる動脈硬化などを改善することにも繋がるからです。

また、心因性EDもペニスを大きくすることで治すことができます。
心因性EDはストレスやプレッシャー、コンプレックスが原因で勃起しなくなることですが、その心労の原因が短小という場合は多々あります。
ペニスサイズはそのまま男のプライドの大きさに直結するものであり、大きいと自分に対して自信を持ちやすいですが、逆に小さいと卑屈になりやすいという統計データが出ています。
そしてその卑屈さが心因性EDの元になっているのです。
つまり、逆に考えるならばペニスを大きくすることは卑屈さ――心労を取り除くことに繋がるので、結果として心因性EDを治すことにも繋がるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ